かれんだあ

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

かてごりゐ

あぁかゐゔ

三重大学劇団クレストとは

2005年10月より
三重大学公認の
学生劇団です。
詳しくは、
このブログ内やHP
ご覧下さい。

クレストとは

劇団名のクレスト(crest)とは、英語で(鳥などの)トサカのことです。

転じて、最高のもの、頂上に達する等の意味があり、
ニワトリのトサカのようにトンガって、自分たちの出来る最高の舞台を目指そう」 と言う意気込みを表しております。

クレスト今昔物語

今までの活動履歴については、
クレスト新HPをご参照ください。

クレストでは現在、次回公演へ向け、団員・お手伝いスタッフ共に募集しております。
やる気と時間のある方 を求めています。経験は問いません。

見学なども歓迎しております。
まずはお気軽に下記の問合せ先までご連絡ください。

ご連絡・お問合わせなどは

クレスト共通メール
crest-mie@hotmail.co.jp
へお願い致します。

何らかの障害でEメールが届かない場合がございます。 3日以内に返信のない場合はお手数ですが、再度ご連絡くださいませ。

書面の場合は

〒514-8507
 三重県津市栗真町屋町1577
 国立大学法人 三重大学
 学務部 学生サービスチーム
 劇団クレスト  へお願いします。

舞台公演やワークショップのダイレクトメールも大歓迎致します。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.10.20 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    【謹賀新年】あけましておめでとうございます。

    0
      新年あけましておめでとうございます。今年も劇団クレストをよろしくお願いします。
      新年一発目の更新はフジワラです。皆さん年末年始はいかがお過ごしでしょうか?

      さて、みなさんにとって2015年はどんな一年だったでしょうか?
      フジワラにとって去年は本当に波乱万丈でしたね…。いやほんとに。いろいろあった。
      とにかく何かとあわただしい一年だったなあと思います。
      でもこうして劇団クレストに入り、公演を経験させていただきまして、いろいろと成長できたのではないかと思っています。
      え、フジワラのことはどうでもいい?(´・ω・`)

      えー、ゴホン、さて、2016年にもさまざまな出来事が待ち構えていると思います。
      今年も劇団クレストは精力的に活動していきます。今は3月のMIE NEXTAGEに向けて全力投球!
      楽しみに待っていてくださいね(・▽・)ノシ

      最後に、皆さんにとってこの一年がよい年となりますように。
      改めまして、A HAPPY NEW YEAR!!!

       

      皆様良いお年を〜(*´ω`)

      0
        JUGEMテーマ:演劇・舞台
        っと呑気に言いたいところですが、いまだに大掃除と年末に〆切のレポートが全く終わってなくて内心ワタワタしているおかーさんです。
        振りをもらっていたにも関わらず、投稿がこんなに遅くなってしまって申し訳ありませんm(__)m

        さて、半月ほど前に全公演が終了したシュリル・シュララ!いかがでしたでしょうか?

        1年生の、しかも演劇脚本を書いたことがない後輩に脚本・演出を任せ、音響・照明も1年の後輩にほぼ丸投げの形で任せ、キャストも主人公を1年生に任せるという無茶ぶりに無茶ぶりを重ねたような形で作り上げた作品だったので、正直「大丈夫かな?」と思った時もありましたが、最終的にああいった形にできてよかったなと思ってます。

        え?じゃあ、お前は何をしてたかって?
        私は後輩に無茶ぶりしながら呑気に練習計画立てたり、アフタートークの内容考えたり…。
        (気づいたら仕事あまりしてなかったとか絶対言えない…。)
        ま、まあとにかく色々とやってました!

        そして、役者では「海野遥」という、漫画家をやらせていただいたんですが、役作りが結構大変だったなと今考えると思います。
        見に来ていただいた方は分かると思いますが、実質1人3役をやらなければならなかったのでそれぞれの性格から雰囲気、動き方まで結構悩んだ記憶があります。劇団のみんなとあーでもないこーでもないといいながら最終的にあそこまで持っていけました!
        特にあのアクションシーンはてるてるやabsa君と本当に苦労して練習したなあ…。

        と、まあ色々とあったのですが、シュリル・シュララの話はこの辺で…。

        このシュリル・シュララを最後に、実は私も引退だったのですが、終わってみて考えると本当にこの3年間楽しかったなという気持ちでいっぱいです。

        「大学に入学したら演劇やるんだ!」と思って、劇団を探し、ここに入った時は正直不安しかありませんでした。
        私は、大学まで本格的な演劇に関わったことがなく、ついていけるかどうか心配でした。
        ですが、優しい先輩方や同期の人柄のおかげでおいてきぼりにされるどころか一緒に楽しんで活動することができました。
        特に、てるてるには本当に迷惑をかけたし、助けてもらったことが多かったです。
        そして、後輩にも恵まれて…。苦労がなかったとはいえませんが、本当に楽しい時間を過ごせました。

        それもこれも、優しく私たちのことを受け入れてくれた先輩方をはじめ、いままで一緒に楽しくやってきた同期、後輩、そして何より私たちの公演を見に来てくださっている皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

        私たちが引退しても、劇団クレストはこれからも活動していきます。
        年明け3月19日、20日のMIENEXTAGEに出演が決まってますしね!(詳しいことは『MIENEXTAGE』で検索してみてね!)
        今後は私たちの後輩の活躍をどうぞ見守ってやってください。
        某アイドルグループのメンバーの卒業スピーチではありませんが、
        『私のことは嫌いでも、劇団クレストのことは嫌いにならないでください!』

        と、いうわけで、以上!長文にお付き合いいただきありがとうございました!
        そして、今まで本当にありがとうございました!!!
        おかーさんでした!皆様良いお年を〜(*´ω`)

        メイキング・オブ・ウソ予告

        0

          再びこんにちは。ニセ予告という詐欺を働いた犯罪者まぶちです。
          来年から本気出すつもりでしたが、なんか火が点いてちゃんとしたホンモノの予告動画を作り始めてしまいました。
          まだ途中ですが載っけときます。

          三重大学劇団クレスト第12回公演 予告編(未完成版)
          〜馬渕さんが本気出したようですVer.〜


          まだここまでです!
          これで全体の4分の1くらいです。1曲まるごと使う予定なので。
          曲は梶浦由記さんで、NHKの番組『歴史秘話ヒストリア』のオープニングテーマです。
          ぼちぼちがんばりまーす。

          そういえばあのウソ動画をこのブログにUPした日に、何年振りかに歯医者さんで歯を抜いたんですが。
          あの日以来、なんか体から血の匂いがします。抜いたとこから出血して血の味がするとかそんなんじゃないんです。
          お風呂入っても、ご飯食べてても、時折なんかこう、自分の体から漂ってくるんです。血の匂いが。
          詐欺動画の呪いでしょうか。実はあれは作った本人をだんだん血みどろにしていく呪いの動画だったんでしょうか。画面から京子が這いずり出てきたりするんでしょうか。
          めっちゃ怖いんですけど。あんな動画作ってごめん京子。(いやむしろ演出に謝れ)
          でもちょっとカッコイイですよね、「お前は血の匂いがする」とかいうのも。殺し屋みたいじゃないですか。少年ジャンプのニオイがしますよ。
          「やべーよあいつ、血の匂いがするよ。ぜってー普通の女じゃねーよ」とか影でつぶやかれてたらカッコ良くないですか?
          まぁでもそういうニオイじゃなくて、リアルに臭い感じなんで、つぶやきはつぶやきでも「まぶち血みたいなニオイ臭いなう」のほうのつぶやきですね。学校帰りに何かの死骸つついてきたんじゃね?的な。小学生かよ的な。

          ええっと、何でこんな血の話を延々としてるんでしょう。そういう人間だからでしょうね。私プロフィール欄でもほぼ膀胱炎の話しかしてませんからね。
          とりあえず血の呪いから抜け出すために、今から前回のウソ予告動画の解説&メイキングをやります。(逆効果じゃね?)

          だって 団長が いいって 言ったんだもん。(きゃめる、お前だ)

          ぶっちゃけ次回公演の日程が揺れまくっててハッキリせず、申し訳ないので何かブログで企画をやって飽きさせないようにしようかなって勝手に思ってたり。
          部屋取りで公演会場を確保できなかったのが原因です。これもウソ動画の呪いなんだろうか。
          なんか全て私のせいな気がしてきた。こんなことならウソ動画なんか作ってないで私も部屋取り行くべきだったんでしょうか。すいません。今、同級生のツテで交渉中です。もうしばらくお待ちください!

          なので今回のこの記事は活動報告でもなければ、公演の告知でもありません。ただの企画です。
          ※ふざけたノリが嫌いな方は読み飛ばして下さい。別に大丈夫な方のみ続きをどうぞ。
          あ、そういえば今回は「何種類もポスター作ろうよ!」ってことなんで私も1つ作りました。
          完全にオリジナルです。今まで誰も思いつかなかったことをやってのけました。
          コレ↓です。


          お久しぶりです

          0
            ビールの美味しい季節ですね。
            くずきりです、どうも。


            ブログの更新は止まっておりましたが(あまりいいことではないな)、クレストはきちんと動いておりますよ!

            現在は次回公演に向け、台本を探すなり書くなりしている感じですね。
            役者陣は各個能力アップを図っていることでしょう。


            これからクレストもしばらくはお盆休みに突入しますので、またしばらくブログの更新は止まるかもしれませんが、よろしければちょこちょこチェックしてやってください。

            あ、15日には三重県総合文化センターにて双身機関さんの「ファシズム!」もありますね。
            観劇報告を誰かしらしてくれるはずです。





            さて、話は変わるのですが、先日、私含む部員数名で花火大会に行ってまいりました。
            言うまでも無いことなのですが、とても綺麗でした。

            その綺麗さを、一般の人はケータイのカメラで捕らえます。
            例えば歌人は5・7・5・7・7の言葉のフレームで捕らえます。
            絵描きさんであれば、一枚の絵として捕らえるのでしょう。

            ならば劇を書く者としての自分はどうすべきか?
            あるいは演出する者としての5mmさんは?

            人間の肉体と声帯で花火の美しさを捕らえ、再現する。
            もちろん花火に限らず、人間そのものが表現の手段であるというか……

            きっとそれは答えではないでしょう。
            でも演劇の一つの側面ではないかと、ちょっと思ったりしたのですよ。





            では、何が言いたいかよく分からなくなったところで、劇団クレストの現状報告とさせていただきます。
            皆様、良いお盆をお過ごしください。

            後悔ハ先ニ立タズ。

            0
              最近全く記事を書いていないので書きます。
              来月なのですが、
              しかも東京の話で全く三重から離れているのですが、
              五反田団の前田司郎さんの新作「すてるたび」が来月上演されるらしいです。
              前田さんの作品は以前クレストでも「おやすまなさい」を上演させて頂きました。
              すごく行きたいですが、
              メッチャ観に行きたいですが、
              クレストの11月22日の東国祭での公演と日が近いので、
              若干無理です。
              京都か大阪位ならば日帰りで行けるのに。
              予約が今日かららしいのでお早めに!

              三連休に維新派を観に琵琶湖へ行って、
              (これは誰かがきっと書いてくれる)
              夜中から朝にかけてシアターテレビジョン
              (今月は丁度前田さんの「さようならぼくの小さな名声」をやってます★)と、
              溜まったビデオを見てて風邪ひいたことは内緒です。

              非言語表現といふもの。

              0
                今日は大学の前期の成績が返ってくる日です。
                そして、それから後期の履修をみんなで考えます。


                そこで、
                専門でとらなければいけない授業で、
                ・・・というか体育ですが、
                ”自らの〈からだ〉で感じる気づきを手がかりとしながら”
                ”(言語表現と非言語表現(身体))に相当する。”
                ・・・一体どういう授業か、先輩がたからいろいろ聞いています。

                自分の「からだ」に意識を向けるということ、
                授業であれ、ワークショップであれ、
                表現においては大切なことなのかな、ということ。

                先生とかもそういうワークショップに参加されたことがあるとかないとか。

                「うちの学部そういう表現やってるやついないよな。なんでだろうな。」って。


                それにしても、
                この授業が一番の山です。
                毎回ノート提出とか。

                ロード of 津あけぼの座

                0
                  これが
                  三重大学劇団クレスト第3回公演 「おやすまなさい」
                  会場の津あけぼの座周辺図です。
                  (もっと分かりやすい地図は津あけぼの座HPへ。)


                  ↑至 名古屋とか四日市
                                                志
                                                登   国
                             江戸橋駅            茂   道
                     有料駐車場        上 ☆常夜灯  川   23
                           踏切        浜    ☆江戸橋   号
                                      通             線 
                                      り   津あけぼの座
                                         ☆上浜郵便局

                               トイーズヤハシ☆        ☆かどやま歯科医院
                                                      ☆三重日産

                  ↓至 津駅とか松坂、伊勢

                  会場の津あけぼの座には駐車場が余りないため、
                  公共の交通機関のご利用をお願いいたします。
                  そのため
                  今回はこの会場最寄り駅・江戸橋駅から会場までの道について書きます。
                  江戸橋駅 駅構内の張り紙
                  まずはステップ1:江戸橋駅に降り立ちました。
                  自動改札
                  自動改札になったんですよ。

                  改札を出た風景。
                  駅を出た風景
                   改札を出ると左の手前に
                  (写真には写っていませんが)自転車置き場があります。
                  とても混みます。
                   左に写っているUSマートは
                  2階がリーズナブルなカラオケ、1階が100円均一のコンビニエンスストアで
                  三重大学生の憩いの場です。私達クレストでもよく利用します。
                   右奥のマンション1階にあるローソンは
                  昨年11月初めに左の方の角から移転し、規模を広げ新装開店しました。
                  雑誌コーナーが広く、こちらも三重大学生憩いの場です。
                  まちのホッとステーションです。

                  駅の西、有料駐車場へ(左)。  駅を振り返るとこんな感じです(右)。
                  駅の西、有料駐車場へ 駅を振り返る
                  写真左の、更に写真左の見切れた位置に、自転車置き場があります。
                  駅からほんの少し歩くためか、
                  この駐輪場は先ほど書いた駅最寄の駐輪場より
                  比較的に自転車が盗まれにくいです。

                  今回はちょっと寄り道して、車でいらっしゃる方へのガイドも少々。
                  駅の西へ50mほど行った所に有料駐車場があります。
                  津あけぼの座には駐車場が余りないため、
                  車で来た方にはここを利用して頂く事になります。

                  ここが駐車場です。
                  ここが駐車場
                  60分100円と書いてあります。

                  ちなみに駐車場の隣の焼肉屋さんです。
                  ホルモン 焼肉 味いち 詳細
                  2007年1/30(火)まで生ホルモン祭りが開催されているもようです。
                  クレスト第2回公演の打ち上げはここで行われました。安いです。
                  飲み食べ放題のコースにしたら、
                  お店の大将がいっぱい勧めてくれてそうとうお腹いっぱいになったそうです。

                  道を戻ります。
                  駅から100mほど東に行くと
                  右奥が会場です
                  こんな感じの道です。
                  レオパレスの青い看板の左奥に
                  白い建物(写真中央)があります。これが津あけぼの座です。

                  最寄の四ッ辻です。
                  江戸橋 常夜灯 郵便局
                  史跡の江戸橋 常夜灯(左)と、上浜(かみはま)郵便局(右)が目印です。
                  江戸橋 常夜灯について詳しくは
                  津市 - 広報広聴課-津市観光ガイドの中の
                  歴史散歩325 伊勢街道と江戸橋常夜燈
                  歴史散歩95 江戸橋常夜燈をご覧下さい。

                  手前の道が、市道 岡谷215号線(通称:上浜通)です。
                  この道沿いには、赴きのある佇まいのお店が多いです。昔に栄えていた名残です。
                  この角はとても車と自転車の交通量が多いです。危険度が高いです。

                  そして再度(ちょっぴり)クローズアップ
                  赤い建物の左奥の白い建物が津あけぼの座です
                  赤い建物の左奥にある白い建物が津あけぼの座です。

                  すぐ近くには江戸橋という橋があります。
                  江戸橋
                  この橋のたもとはちょうど
                  アイドルグループの嵐が出演している映画「黄色い涙」
                  ロケ地でもあるんですよ(伊勢志摩フィルムコミッションの記事参照)。
                  私も偶然通りすがって、
                  このブログに記事を書いています(2006.06.05 Monday「ロケも○三重」)。

                  橋をもう十数メートル東に行くと
                  23号線へ
                  国道23号線に合流します。
                  ちなみに右の手前に白い車が停まってますが、
                  私が「黄色い涙」のロケに通りすがった時は
                  ここにパラソルと椅子があってスタッフっぽい人とかもいて
                  監督さんとかの休憩所っぽく見えました。

                  ちなみに車でいらっしゃる方へ
                  四日市方面(北)から来る時はこの江戸橋の角で右(西)に曲がって良いのですが
                  津や松坂方面(南)から車で来る時には
                  23号線から江戸橋の方に曲がるのは曲がりにくい
                  そうです。
                  なので、23号線を南からいらっしゃる時は
                  一つ手前のかどで曲がると良いです。
                  左手にかどやま歯科医院、右手に三重日産があるです。
                  その角を左(西)に曲がって
                  10メートル先くらいいったすぐの所にある
                  トイーズヤハシの角を右(北)に折れると
                  すぐに右(東)に上浜(かみはま)郵便局が現れます。


                  再度
                  これが会場の津あけぼの座周辺図です。
                  (もっと分かりやすい地図は津あけぼの座HPへ。)


                  ↑至 名古屋とか四日市
                                                志
                                                登   国
                             江戸橋駅            茂   道
                     有料駐車場        上 ☆常夜灯  川   23
                           踏切        浜    ☆江戸橋   号
                                      通             線 
                                      り   津あけぼの座
                                         ☆上浜郵便局

                               トイーズヤハシ☆        ☆かどやま歯科医院
                                                      ☆三重日産

                  ↓至 津駅とか松坂、伊勢


                  けれど、駐車場が少ないことには変わりなく、
                  有料駐車場もそこまで広くないので
                  やはり公共の交通機関のご利用をおススメ致します。

                  江戸橋から会場の方向(西)に振り返るとこういう風景です。
                  戻ると
                  この左手前のごみステーションの横、もう少し手前に
                  映画のセットの壁がつくられていました。昭和っぽくよく出来ていました。
                  写真には写っていませんが、
                  右のほうに公共の自転車置き場があります。

                  更に西へ5mほど戻ります。
                  更に戻ると
                  レオパレスの青い看板(右奥)を目印に曲がると分かりやすいかもしれません。
                  左に上浜(かみはま)郵便局があります。


                  周辺の観光ガイドは以下のサイトなども参考にしてください。
                  いずれも三重大生の手による身近なスポットの紹介が書かれています。

                  社会教育演習第5班「社会教育とマルチメディア」
                   A. 城下町と宿場町-三重の歴史散策/津・関-
                   B. 新発見!三重大学周辺ガイド
                   C. 大門グルメマップ
                   津の名所や公共施設、またおススメのお店などが分かります。
                  また、津市の繁華街といえば津新町駅の近くにある大門商店街
                  その大門商店街のお店も紹介してあります。

                  まずは津からはじめよう
                   三重大生が津で歩いて印象に残った場所を
                  さんぽに良いところ、 名勝・史跡、 公的施設 の3区分に分けて載せています。


                  あと、今回見つけた、
                  津にある天然温泉・磨洞温泉の旅館のHP 涼風.com
                  江戸橋 居酒屋、ホテルなど駅周辺の情報 駅街ガイド - 江戸橋駅.jp
                  周辺のガイドが充実していたので載せておきます。

                  年賀

                  0
                    遅くなりましたが、みなさん、明けましておめでとうございます!

                    今年も宜しくお願いいたします。
                    亥年の人たち、年男&年女おめでとうございます。

                    おめでたい感じなので一緒に書きますが、
                    津に能関係の博物館が2つもあるようですね。
                    知っている方も多いのかもしれませんが私、ついこの間知りました。

                    能楽博物館(能にふれる館)
                    予約が必要との事ですが
                    能の衣装を着ることができたり
                    希望者には、お祝いの席で謡われる「祝言小謡」の練習もさせて頂けるそうです。
                    部員と行きたいものです☆

                    能面博物館「聒々庵(かつかつあん)」
                    能面アトリエで能面つくりを見学できたり、
                    能面について知ることが出来るそうです。

                    これらは
                    まちかど博物館という取り組みの一環で
                    地域の人たちがご好意で自宅や職場で
                    伝統ある産業、技術を博物館として公開していらっしゃるそうです。

                    他にもプロレス・マスク・ミュージアムなど、
                    ユニークな博物館が津にもいっぱいあるようです。
                    大門だってよ、マリメっ子ちゃん!)

                    それから浄土真宗 高田派の総本山・専修寺(せんじゅじ)がある
                    一身田寺内町にはいくつか集中してあるようなんですが、
                    その博物館たちは名前が変わっていて面白そうです。

                    ちなみに専修寺(高田本山と呼んでいて正式名称は今日知りました)は
                    大きなお寺で、
                    私の友達も福井県から法要で来たくらいの存在のでっかさです。
                    私のアパートからは割と遠くない距離にあって
                    選挙の初投票も一身田小学校と、かなり身近な場所でした。

                    ほの青いライトのそこら辺から

                    0
                       今日はクリスマスですね。そして年の瀬ですね。
                      私は今年、母と共同で
                      富士山と鷹と茄子とカニとおまんじゅうの載った年賀状をレイアウトしました。
                      初めてPCで年賀状を作ったので、
                      たくさんプリントしたい気持ちです。

                       ところでクリスマスの夜なので、活動後に名古屋を通った時に
                      撮影した写真を載せます。ローカルなお話です。

                      写真.船紂璽ョーくんたち
                      チューキョーくんたち
                       この写真は名古屋駅のすぐ近くにある名鉄セブンという
                      デパートの1階で撮りました。
                      中京テレビのかわいいキャラクター“チューキョーくん”(写真右)と
                      お友達の写真です。
                      懐かしいです。グッズも近くのワゴンで売ってました。
                      2006.11.30の記事「心の強敵(とも)よ」で書いた改修中のナナちゃん人形とは
                      目と鼻の先の距離なんですよ。


                      写真↓L掌轍葦悗離張ぅ鵐織錙爾離薀ぅ肇▲奪
                      名古屋駅のライトアップ

                      こども絵画展覧会
                       青色発光ダイオードはすごい流行ぶりですね。
                      すごく人で混んでて、写メールを撮っている人が多かったです。
                      子供達の絵は可愛かったです。

                       そろそろ宣伝ポスターの図案とか色々検討してます。
                      今日はマリメっ子ちゃんとI澤さんが会場の下見に行ってくれました。
                      劇の詳細はまた後日アップさせていただきますのでご期待ください☆

                      心の強敵(とも)よ

                      0
                         昨日はるよちゃんが観劇報告で書いてくれたように、
                        他の部活もいろいろ頑張っていて大変勉強になります。
                        今日はそんな、私が勝手にライバルと思ったりしている立て看板のお話です。


                         クレストでは(というか私は)劇も頑張りたい一方、
                        やはりお客さんあっての演劇、また、部員あっての部活動ですから
                        宣伝命!
                         我、宣伝ヲシテ 知名度ヲ上ゲシメント 欲ス です。
                        クレストだけでなく、どの団体も勧誘や宣伝には思い入れがあることでしょう。

                        その中でも私が愛してやまない宣伝媒体の一つが
                        立て看板です。
                        第2回公演 立て看板と……
                        上の画像は今年10月のもので
                        左側はクレスト第2回公演の立て看板、
                        右側は三重大きっての男塾度を誇る三重大学男子寮
                        “安濃津(あのつ)寮”の安濃津祭の立て看板です。
                         画像が小さくて分かり辛いかもしれませんが
                        古い映画を思わせる
                        もったりした
                        なまめかしいような
                        もどかしい様な
                        (これ誰だろう?)と気になる濃いめの雰囲気のある絵です。

                         ちなみに左側のクレストの立て看板のタイトルで
                        “人”の部分
                        東海圏の方しかお分かりにならないかも知れませんが、
                        名古屋駅の近くにあり有名な待ち合わせ場所の一つ
                        名鉄セブン前のナナちゃん人形です。
                        四季折々のコスプレ姿が目を楽しませてくれますが
                        今は工事中で生の姿が拝めません。


                         2番目の画像は、1番目の画像のすぐ隣で
                        一番人通りが多く
                        メインストリートと呼ばれる
                        立て看板の掲示が許可されている場所の立て看板達です。
                        2006年学祭前の立て看板達
                        ガガガSPが来たこと(左から3番目の赤い立て看板)や、
                        2006年の三重大祭が青春祭(アオハルフェス 中央付近)だということが分かります。


                        そして3番目の画像、
                        これが私が心の中で応援している
                        三重大学落語研究会さんの立て看板です。
                        落研 2006年学祭の寄席 立て看板
                        いいですね。
                        某キャラクターの口に穴が開いていて顔が出せます。
                        パッと見、ひとつ目の毛玉のようで、よく見ると可愛いあのキャラクターです。
                        東海地区への愛が伺われます。
                        しかも、今落研のHPを見たら、
                        トップの写真がまたパワフルです。おへその毛が眩しいです。


                         4番目の画像は三重大学落語研究会さんの昨年の4月の勧誘立て看板です。
                        真打 落研の立て看板
                        穴の開いた立て看板を見るのが初めてだった
                        私の興奮した様子まで伺えます。

                         撮りそこねたんですが、今年の4月の落研さんの勧誘立て看板は
                        歩行者専用の道路標識の絵で
                        これもまた穴が開いていました。
                        この標識がまた都市伝説がありいわくつきなもので
                        私は怪しくて良いと思いました。


                         5番目の画像は今年4月の三重大学漫画倶楽部さんの立て看板です。
                        漫画研究部の大きな 立て看板
                         漫画倶楽部さんは近年、プリントアウトした絵を板に丁寧に貼っていて
                        仕事の綺麗な立て看板をつくっています。
                        私達の大造りな手作り感とは違い、
                        きめ細かく日本人的な仕事の中に彼等のボルテージの高さが伺えます。
                        それにも増して悔しいのが、もとい、賢いのが
                        大きさです。
                        学務部で部活動へ許可されている立て看板の大きさは畳一帖分なのですが
                        彼等は創作活動サークル リカゲルさんとの提携により
                        2倍の大きさの立て看板を掲示しているのです。
                        また足が付いていて
                        地面からの湿気で板が腐食するのを防いでいます。
                        やられました。
                        ウチもどっか他部、口説こうかしら。


                         勧誘の時期は各部が創意工夫を凝らした立て看板がメインストリートに並びます。
                        他にも心に残る立て看板はいくつかありますが、写真がないので
                        記憶が不確かです。
                        一つ言うなら音楽系の部活動なんかはお洒落にしあがってますよ。
                        そうそう、
                        勧誘の時期は立て看板だけでなくて勧誘ポスターも
                        いろんな部活のものが見れて面白いんですよ。


                         また、今までウチも頑張って立て看板を作ったのでついでに下に載せます☆
                        たまご、割りはじめました。
                         この6番目の画像は今年の新入生勧誘時のものです。
                        作成のもようは
                        2006.03.14 Tuesday タテカン、つくりはじめました。
                        2006.03.17 Friday これがタテカンだ!に掲載中です。


                         7番目の画像は第一回公演の立て看板です。
                        第1回公演 立て看板
                        ハズカシの作成報告は2005/11/7(月) 午後 11:31 作ったどーから読めます。
                        今見ると自分の文章が恥ずかしくって さぶイボ出ました。
                        生きるほどに恥がふえていきますね、吉田兼好さん。私も長生きしそうです。


                         ちなみに1番目の画像・左側にある
                        クレスト第2回公演立て看板の作成風景は
                        2006.09.25 Monday 9月24日の活動報告
                        2006.10.14 Saturday 10月14日の活動報告
                        に掲載中です。
                        立て看板の画像   

                        | 1/4PAGES | >>